これからは文化の話を書こうと思います

1ヶ月近く、ブログを書いていなかったのは、理由がありました。
①単純に忙しくて余裕がなかった。②なんか文章を書いていたら説教くさくて嫌になった。③文章系のサイトはどうやら最近見つけてもらいにくくなったらしく、どうしたもんかと思っていた。
まあそんなような理由ですが、①がやや解消されてきたので、ちょっとここのところ思っていたことをつらつらと書きます。

最近は文章のWEBサイトが不利らしいのです

今日はほんとうに雑談です(笑)。
なんかですね、現役でコンサルタントやってる方に、最近のWEBでは、個人の文章をGoogle検索で見つけにくくなっているという話を聞いたんですね。
デマとか嘘情報が検索されるのを防ぐため、権威的なサイトの情報を優先するようになった結果、厚生労働省とか国の機関の情報が上位にくるようになったのはいいとしても、個人サイトの情報は下に追いやられるようになってしまったらしい。

んんー確かに、アクセスログを見ているとその気配はあるなあと感じます。

わたし文章を読んで欲しいという部分があり。
これは困ったなあと。それで、どうしたものかと思ってあまりブログを書いていませんでした。

YouTubeチャンネル始めたのは、ただの趣味であまり深い意味はないですが、今年って寅年なわけで来年は卯で、次は巳で……とくると、確かに音声っていいかもと思うところはあります。

あー、それからTwitterね。
どうもTwitterも最近、挙動がおかしいというか。
つぶやいても人の目に触れないというか。……いや、わたしの妄想じゃないですよ、ほんとに(笑)。なんていうか、その人のフォロワーの中でも、直近で「いいね」してる人のものしか表示してない感、感じません?

投稿してから、みなさんが「いいね」押してくれるまでの時間差に不自然さを感じるんですよ。

とはいえInstagramも、どうも使いこなせてないし。
困ったもんですね……。

それで最近こんな本を読みましてね

占い師が好きそうな本ですよね…(笑)。

人間は欲求で4タイプに分類できるよ、っていう内容の本でして。
表紙にあるマトリクスがそのまま、後天定位盤にあてはめられて面白いです。法則型は六白金星、理想型は八白土星、注目型は四緑木星、指令型は二黒土星で、だいたい合ってる感覚です。

内容は読んでいただけたらと思いますが、この本の大事なところは、なんで人間が4タイプの欲求を持っているのか、その理由の考察があることですね。

結論から言うと、「文化」を守るために人間社会に4タイプの役割を果たす個体が必要だから、ということらしいです。

どういうことか説明します。
人間は本能がぶっ壊れてる(動物のように本能に従わない)ので、その代わりに、何に従うのかというと「文化」だって言うんですね。
つまり、人間は、自分らの「文化」を守るために生きると。
で、そうした文化を守るためには、こうした4種類の欲求を持った個体が必要だってことなんですね。それらが役割を果たすと「文化」が育ち継続すると、そういうことを岡田さんは考察されています。

個人的に、面白い考え方だなと思いました。

考えてみれば「文化」って、巷にたくさんある

わたし、確かに「文化」が大好きなんですよ。それも小さければ小さいほど面白い。

このビルも「文化」ですよ。普通は、うなぎの寝床なスナックある町ってこういう感じですもん。↓

占いの現場で、ひとつの考えに凝り固まってしまって悩まれているお客様にお会いしますけども、ご自分の中のミニマムな「文化」を守ろうとしているんですよね。
わたしはそういった「文化」に触れると、おおっ、となるんですね。良いとか悪いとかじゃなくて「おおっ」と思います。

なんかなんともいえない愛おしい気持ちになるんですよね。
だから、占い師を始めたのかもしれませんね。

なので、これから積極的に「文化」の話を書いていこうかなと思った次第なのです。

関連記事